« 脳ミソ筋トレ・ハード版 | Main | スケジュール通りになんて行くわけない »

August 08, 2005

何が何でも読ませたい本

本日、とあるオーディションに立ち会う。
内容は割愛。

その後、音楽番組の個別会議。
いろいろ話していろいろ決まる。

遅まきながら、リリーフランキー著『東京タワー・オカンとボクと時々オトン』を熟読。
自分と重ねてしまうことが分かっていたので、
あえて避けていましたが、ついに手にとってしまいました。
読み進むうちに嗚咽を漏らすほど涙が止まりませんでした。
本当に心に沁みる本です。
文体がポップなので、普段本を読まない人でも、とても読みやすいと思います。
見事『何が何でも読ませたい本ベスト10』入りです。


|

« 脳ミソ筋トレ・ハード版 | Main | スケジュール通りになんて行くわけない »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 何が何でも読ませたい本:

« 脳ミソ筋トレ・ハード版 | Main | スケジュール通りになんて行くわけない »