« タクシー運転手の何気ない一言で・・・ | Main | 春の改編で泣くもの、笑うもの »

January 11, 2006

倖田來未を見逃し、G-factoryのライブを見る

本日、音楽番組の収録日。
担当回ではないし、別に用はないのだが、スタジオに顔を出そうと決めていた。
なぜならあの倖田來未女史がゲストなのだ。
速攻ですべての用事を片付けて、スタジオに向かう。

が、途中、別番組のプロデューサーに呼び止められる。
・・・そしてそのまま拉致。
・・・結局、収録に間に合わず。
・・・無念。

その後、御茶ノ水のライブハウス『KAKADO』に赴き、
ネットTV『ブレスト』に出演している『劇団G-factory』のライブを見に行く。
舞台というよりは、変わったタイプのショートなシチュエーション芝居&エチュード。
本公演とは別にこういうライトタッチのものをやるのはおもしろい。

構成作家的立場から言うと、短めの芝居が一本あるなら、
あとは気楽に楽しめる小ネタがたくさんあったほうがよかったかもしれん。
ただ常識にとらわれないGonta氏らしい挑戦的な試みだったと思う。

その後、酔いどれラーメンロッカー・KTと、
すっかりキザ臭が抜けたダビデと共に『魂麺まつい』に赴く。
KTオススメの『塩太魂』は今まで食べたラーメンで一位、二位を争うウマさ。
おそらく連日通う事になりそうな予感。

|

« タクシー運転手の何気ない一言で・・・ | Main | 春の改編で泣くもの、笑うもの »