« 高いところから失礼いたします | Main | 無事終了 »

August 22, 2006

阿鼻叫喚の編集所生活

編集所での監禁生活が続いております。

Photo_4


普段はマジメな人たちも、編集大詰め段階になると、だんだん壊れてきます。

Photo_5


写真は12時間ナレーションを書き続けた、明け方5時の新米放送作家の顔。

さらに最終段階になると編集所は怒号飛び交う阿鼻叫喚の場所となります。


Photo_6

これは司令塔となり次々無茶な命令を下す豪腕ディレクター。

060822_01450002

最終的にはADを蹴ります。
ADさんは蹴られて伸びるというのは本当なんですね。

と、まあ、こんな写真が撮れる間はまだまだ追い詰められてない証拠。
明日の今頃はマジで写真なんて撮れません。


|

« 高いところから失礼いたします | Main | 無事終了 »