« そば名鑑 | Main | ドラマの打ち上げ »

June 03, 2007

そば番付

本日も打ち合わせ数件。
最初は汐留。
局内には先日の成果がデカデカと貼り出されていた。

Photo_17

ただし高視聴率は高離婚率と連動しているらしいです。
・・・と、負け惜しみを言ってみる。

つづいて神谷町・テレビ東京で打ち合わせ。
そこで元ダウンタウンマネージャー・藤原さんと数年ぶりに再会。
ご存知『笑ってはいけないシリーズ』の名物廻し役。
今の役職はチーフプロデューサー。
かなり出世しているのだが相変わらず腰が低い。


その後、虎ノ門へ移動し、蕎麦を喰らう。


『虎ノ門 砂場』

創業明治5年の老舗。
今にも崩れそうな店舗が目印の同店。
懸念通り、ついに崩壊したらしく現在修理中。
そこで仮店舗へ行く事に。

ちなみに『砂場』とは東京の『藪そば』にたいして大阪そばの異名。
太閤秀吉の時代、有名な蕎麦屋が大阪城築城時に、
砂置き場の前で営業していたのでこう名づけられたらしい。


で、注文したのは『御膳そば』

Photo_18

御膳粉をつかった、そうめんのような白い蕎麦が特徴。
これが抜群のコシで、そうめんのような柔なコシではなく、強靭なコシ。

たとえるならば、大相撲二子山部屋黄金期を支えた
『安芸の島』のような蕎麦である。

安芸乃島勝己

左四つを得意とし、土俵際に追い込まれても
驚異の粘り腰で勝ち星を重ねた名力士・安芸の島。

色白でむっちりとした体型も、この御膳蕎麦によく似ている。

まあ、砂場にしても、安芸の島にしてもひどい喩えか。

|

« そば名鑑 | Main | ドラマの打ち上げ »