« そばをめぐる冒険① | Main | 夏の終わり »

August 21, 2007

たしかに地球を救えるのは愛なのかもしれない

かかわっていた『24時間テレビ』が無事終了。

視聴率が歴代2位の18,6%。
しかもフィナーレは、43,9%。

さっそく日テレ内デカデカとポスターが貼られてました。

Photo

ワタクシ、今回けっこーいろんな部門を担当。

土曜日は東京ドームへロケ同行。
めったに降りられない試合前のグラウンドにおもわず感動。

Photo_2

企画内容は『少年と阿部捕手、約束のホームラン』
結局、当日は叶わなかったものの、翌日、サヨナラHR。
う~ん、おしい。

その他もいろんな企画に参加し、いろんな場所に出没。
そのおかげで、この番組がいかに大変かよーく分かりました。

この番組にかかわるのはまだ二回目。
特殊な番組ゆえ、正直、番組作りにも複雑な思いを抱くこと多々あり。
ただ、なんだかんだ言っても、ハッキリしている事は、
3億以上という多額の募金が、たくさんの人から集まり、
それを必要とする人々の元へきちんと届けられていること。
これだけの金額、なかなか集まるものじゃない。
それだけでも、これから続ける意味はあると思います。
無論、番組の見せ方、作り方、内容は別ですが・・・。

ともかく、何も起こらず無事終了したことが何より。
かかわったスタッフの皆様、お疲れ様でした。
そして視聴者の皆様、ありがとうございました。

|

« そばをめぐる冒険① | Main | 夏の終わり »