« 集中力アップには行進曲がいいらしいけど・・ | Main | 悩んでるキミよ。これでいいのだ。 »

June 27, 2008

少年ジャンプと守備職人

歯軋りするほど、座り心地が悪い。

買い替えた仕事場の椅子が。

座席が高いのか、足が短いのか、足の裏が床につかない。

座ると足ブランブラン状態。

全然楽しくないのに、はしゃいじゃってる的な。

仕方がないので、足元に
少年ジャンプを二冊置いたら、ちょうどでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここ最近、打ち合わせする事が多い新宿。

帰りにうまい蕎麦でも喰らおうと思うが
案外マトモな店が少ない。

そんな雑多な街にも貴重な手打ち蕎麦屋が一軒。

渡邊(わたなべ)

080605_184801

西口を出てヨドバシカメラの裏を
ウロウロすれば見つかるはず。

細目のしっかりした手打ち。
つけ汁も、やや甘めでワタクシ好み。

080605_183801

おまけに店員さん達の接客が素敵(これ重要)

だって、せっかく美味しいのに
接客が最低な店って
山ほどあるんですもの。

蕎麦の味を野球選手にたとえるならば
西武黄金期を支えた守備の職人・辻発彦か。

清原・秋山・工藤らスターが揃った
レオ軍団の中できらりと光るいぶし銀。

新宿という華やかな街にひっそり佇む手打ち蕎麦。

あまりにも、まっとう過ぎるたとえになってしまったが
ま、店にとっても選手にとっても迷惑な話ですよね。

|

« 集中力アップには行進曲がいいらしいけど・・ | Main | 悩んでるキミよ。これでいいのだ。 »