« SKE48という人々 | Main | 真夏の戯言 »

June 23, 2012

マジカルラジオ最終話

歯軋りするほど、名前を度忘れしてしまう。
先日も、五年以上前に仕事をした人と、ばったり局で遭遇。
でも全然名前が出ない。
必死に思い出そうとしていたら、相手も同じように度忘れしていたらしく
「ヘイ!お元気ですか?ミスター」と言ってきた。

すごい誤魔化し方だ。
でも絶対真似できない。

~~~~~~~~~~

マジカルラジオもいよいよ最終話を残すのみ。
6月26日(火)深夜24:59~。

http://www.ntv.co.jp/magical/

この番組は、シーズン1から脚本を書くだけではなく、
稽古も本番も、ほぼ付きっ切りで携わせてもらっていた。

ムチャな設定やムチャな展開。
おそらく聞いた事も、口から発した事もない言葉や人の名前を、
きちんと自分達の中で消化して、どんどん成長していく
彼女達の姿を間近で見る事ができた、とっても幸せな現場だった。

Majikaru

そんな彼女たちをあたたかく受け止めてくれた
佐藤二朗さん、オードリー若林さん。
さらに総合演出を中心に、作家、ディレクター、プロデューサー、
すべてのスタッフ、キャストが一丸となれた、やりがいのある現場でもあった。
また、いつか、このメンバーと、この世界を創りたい。

すべてのスタッフ、すべてのキャスト。
そして何より応援してくださった皆様、心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

で、早くもDVDの発売が9月7日に決定。

SKE48のマジカル・ラジオシーズン2 DVD‐BOX 初回限定豪華版・通常版

こんなに異例の早さでシーズン2ができたのも、
番組を愛してくれた皆様のおかげです。
さらに一人でも多くの方に見ていただけると、うれしいです。
そしたらシーズン3も、あったりして……。

~~~~~~~~~~~~~~

怒涛のようなスケジュールがようやく一段落。
そのせいで、うっかりPS3の『ドラゴンズドグマ』を購入。

これが仕事に支障をきたすほど。
気が付いたら、締め切り間際なのに、ゴブリンやらハーピーやら退治したり、
村人護衛したりして『あ~、今日も、よく働いた。さあ寝よ』なんつってる始末。
ホント、キリない。
誰か、とめどなく溢れる冒険心を止めてくれ。

でも、まあ、こういうゲームって終わりが見えてくると急に飽きちゃうの。
ドラクエとかも絶対最後のダンジョンあたりで
『ウン。なんか、もうお腹いっぱいかナ』ってなるんだよなあ。
これは最後までクリアできるのかなあ。

まあ、どうでもいいですね、こんな話。

|

« SKE48という人々 | Main | 真夏の戯言 »